色打掛は和装の中でも人気ナンバーワンですが、どのように選べばいいの?

色打掛は和装の中でも人気ナンバーワンですが、どのように選べばいいの?

一時期はキリスト教結婚式の人気がありましたが、最近は和婚がトレンドになっています。結婚式で和装を着たいと思っている女子がとても増えています。花嫁は、「白無垢」「色打掛」「引き振袖」なんかに憧れを持っているよう。日本の伝統的な文化を大事に考えて、種類や柄も多いのです。中でも「色打掛」は和装の衣装の中でもトップクラスの人気を誇ります。種類の多さがその理由でもあります。この記事では【色打掛の選び方や相場・立ち居振る舞いのアドバイス】について詳しく解説します。
 
■和風の結婚式で花嫁が着用する衣装のバリエーションは大きくわけて4種類!
 

まずは、これを理解することで色打掛の位置づけが理解できるはず。その4種類は「白無垢」「色打掛」「引き振袖」「新和装」になります。
 
⑴「白無垢」
白無垢は平安時代からの歴史を持っています。その当時は武家社会。白無垢は婚礼・出産・切腹のときに着用する衣装であったのです。結婚式で着用する「白無垢」はすべてが白で統一していることが特徴になっています。そして、和装の中で一番格式が高いのです。
 
古くから、白い色は「太陽の色」とされています。神聖な色ですから邪気を避けることができます。「あなたの色に染まりますよ!」というメッセージも込められているのです。
 
⑵「色打掛」
全体的に華やかな印象がある衣装が多いのが特徴で、色も柄もバリエーションが豊富です。室町時代に誕生しており、上級武家の女性たちが秋の時期から春の時期に小袖の上から羽織る防寒用の着物になっています。時代が進み江戸時代になると、武家社会だけでなく裕福な町人の女性の間で婚礼衣装として着用することが流行りました。そして、現在に至っています。
 
従来は「白無垢」よりも格が下だとされていました。今では白無垢と同じ格式の正礼装として位置づけられています。婚礼や披露宴に幅広く利用されています。典型的なパターンとしては、挙式では白無垢を着用して、披露宴やパーティーは色打掛にして華やかさを演出する方法です。
 
⑶「引き振袖」
「大振り袖」とか「お引きずり」と呼ばれることがありますが、見かけから、そのように見えるからでしょう。成人式で着用するような中ぶり袖とは異なります。袖が細くなっているデザインで裾にはふき綿が入っていますので、やや重さがあります。
 
引き振袖は江戸時代の末期に登場しています。武家社会では正式な婚礼衣装として重宝されていました。婚礼衣装としての歴史は、白無垢や色打掛よりの長くなっています。
 
昨今では、色のバリエーションも多いです。昭和初期頃までは、ここまでの色はなく、一般的には黒色でした。黒引き振袖は白無垢とはまったく逆の意味です。「他の色には染まらない!」という意味を持っています。未婚女性の第1礼装が引き振袖です。結婚式は振袖を着る最後のシーンになります。色打掛よりも重さが軽いことと動きやすいので根強い人気があります。
 
⑷「新和装」
着物に洋風の素材の生地や装飾を取り入れたものです。お洒落感もあり最近注目されているスタイルです。軽い素材で有名なオーガンジーを使っているものは、まるでドレスのような感覚で着用できます。着物を着慣れていない女子を中心に人気です。格式が高い和装にプラスして可愛らしい洋装のテイストがミックスされています。とっても新鮮な雰囲気を与えることができて、結婚式にはぴったりです。


名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋